にしやんのチャレンジ日記

バイク(MT-07)と車(コペン)とキャンプや家電など

CBR250RR 実車見てきました (写真多数)

本日2016/07/31(日)は何の日でしょう?

そう鈴鹿8耐の日です。

今年も行ってきましたよ。

今回の8耐も昨年同様、YAMAHA FACTORY RacingTeam (GMT94 Yamaha Official EWC Team)が優勝しました。

やはり強いです。YZF-R1。しかし8耐はどこに1位が走ってるのかわかりにくいですね。そして暑さに負けそうになりながら見てました。



今回は8耐のネタではなくホンダブースで展示されていた新型CBR250RRを見てきた感想を書きたいと思います。

事前に実車の展示情報は知っていたのでレース開始後落ち着いた頃にホンダブースに向かいました。

ホンダブース前に人だかり発見。もしや!と思い近づいてみると、ありましたよ新型250RR。

実物を見るとかっこいいですね。動画よりもずっとかっこいい。数ある250ccの中で一番だと思います。

黒ベースで赤がちょこちょこ入ってるのもいい!(私はトリコロールカラーよりシンプルな色遣いの方が好きです)

ホンダの後出しじゃんけんめずらしく大成功じゃないですか!

皆さんが見たいと思うアングルの写真を掲載しておきますねー



通称「やる気スイッチ」
押すと記事更新が早くなるボタンです。押してやって下さい。
     ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


CBR250RR_010.jpg

CBR250RR_011.jpg

CBR250RR_012.jpg

CBR250RR_013.jpg

CBR250RR_014.jpg

CBR250RR_015.jpg

CBR250RR_016.jpg

CBR250RR_017.jpg

CBR250RR_018.jpg

CBR250RR_019.jpg
スポンサーサイト
[ 2016/07/31 22:44 ] バイク全般 | TB(-) | CM(0)

車買い換え その3 (高く売り安く買う編)

前回の続きです。
車買い換え その1 (初代コペンはいくらで売れる?編)
車買い換え その2 (初代コペン売却額商談編)

ガリバーはオークションに流す以外に自社販売も行ってるようで、一定期間自社販売を行い売れない場合はオークションに流すという方式みたいです。


先日対応していただいた営業のお姉さんを呼んでもらい再交渉。

買い取り額交渉を少し粘りましたが110万円以上は無理でした。

しかし、このコペンいったいいくらで売りに出されるんだろう。


ナビはデータも古くなりワンセグタイプなのでそのまま付けておく予定でした。

ETCは外していい?とかドライブレコーダーは外していい?とか聞きましたが「それも含めた査定額なので外すと査定が下がります」とのこと。

後付のルームミラーは外して良いらしい。

ハンドルは純正MOMOステアリングに交換済み。シフトノブも交換済み。クイックシフトに交換済み。純正ノーマルパーツあるけど持って来たら査定上がる?と聞くと、「あるなら欲しいけど、査定は変わらない」らしい。

押し入れをほじくり返すのもめんどくさいので渡さないことにしました。

後日ヤフオクで売ってやろう(笑)トリッカーのパーツも押し入れで眠ってるので一気に売ってしまおう。


営業のおねえさん「今日受け渡し出来ますか?」

私「今から車探さないといけないので1週間ほど待ってください。足がないと探せないんで」

営業のおねえさん「では1週間後の日曜に引き取りという事にしときますね」

急に売ることにしたので心の準備がまだ出来てない(笑)

バイクがあるので移動手段はあるんですけどね。ここだけの話。

しかもガソリンはほぼ満タン。もったいない。

1週間以内にハスラー交渉してこないとね。。

いろいろな書類にサイン&押印をして帰ってきました。

ハスラー2016_01


次しなければ行けない事は、、ハスラーの値引き相場を知る事。

みんカラや価格.COM掲示板や某巨大掲示板を調べるが、具体的な値引き額が分からない。

グーグル先生で調べてたところ、インターネットで新車見積もりができるサイトを発見。

これは活用させていただきましょう♪納得できる値引き額ならここで買っても良いですし。

住所、氏名、メアド、電話番号、希望車種を記入。希望グレードは「Xターボ、FF、赤黒ツートン、ディーラーオプション無し」

コメント欄に「ディーラーオプションのサービスなどではなく現金値引きを希望。納車まで代車を貸していただきたい」と記入し送信。

グレードはXかJスタイルⅡで考えています。

なぜなら追突防止機能が優秀だから。XとJスタイルⅡにはデュアルカメラブレーキサポートが付いています。
それ以下のグレードだとレーダーブレーキサポートといういまいちなシステムになってしまいます。

デュアルカメラブレーキサポートは車だけではなく人にも反応してくれます。信号待ちで前の車が発進して気付いてないとき教えてくれます。ウインカーなしで車線変更すると警告してくれます。ふらついたら警告してくれます。余計な機能はスイッチでオフに出来ます。

このシステムの開発元はスバルのアイサイトと同じ日立オートモーティブシステムズです。詳細はググって下さい。


このデュアルカメラブレーキサポートの性能比較がようつべにありましたのでご紹介


以前この動画を見てキャストの魅力が薄れたきっかけになりました。スマートアシスト2ダメダメですね(笑)

ハスラーに決めた理由は他にもあります。以前にも書きました、車中泊が出来る空間の広さ。収納の多さ。自動ブレーキ性能。車重の軽さ。燃費。助手席にもシートヒーターが標準でついてくる。

シートヒーターっていいですよー。コペンについてて嫁さん大絶賛だったし(笑)


この時点で深夜1時過ぎだったので、明日連絡あるかなー。と思いながら就寝。





翌日
6月27日(月)

とあるサブディーラーから見積もりメールが届いていました。

「現金値引き額9万円、代車は1台ありますので早めにご連絡下さい。」とのこと。

決算月ではないのになかなか良い値引き額です。ここに決めてもいいけれど、この返信メールが交渉カードに使えますよね(笑)

仕事が終わってからスズキ自販に行って見ることにしました。







まだまだ続きます。






通称「やる気スイッチ」
押すと記事更新が早くなるボタンです。押してやって下さい。
     ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2016/07/28 20:32 ] 車全般 | TB(-) | CM(0)

車買い換え その2 (初代コペン売却額商談編)

前回の続きです。
車買い換え その1 (初代コペンはいくらで売れる?編)



コペン2016_3

コペン2016_4



車買い取り専門店でコペンを売ったらどのくらいになるんだろう。

下取りの場合、本体値引きが渋い時、下取り金額上乗せで交渉出来るから有利なんじゃなかろうか。と、思っていました。

コペンの下取り相場をネットで検索してみたら、即金額が分かると書いてあるサイトがあったのでコペンの情報を入力して次のページを押すと、結局住所や電話番号などを記入するページになり、やっぱりそうなのか。。まあいいや。と入力。

見積もりボタンを押すと5秒後電話が鳴りました(笑)
「見積もり依頼ありがとうございます。是非ご自宅まで伺わせて下さい。」とのこと。訪問見積もりってあんまり良いイメージないんですよね。

バイク王とか安値で強引に交渉してくるとか。売るまで帰らない等の噂を聞きます。そういうのは避けたかったので、こちらから出向く計画にする。

「売るのは8月の予定で~」等と話してるとキャッチホンの呼び出し音がひっきりなしに止まらない。いろいろな買取専門店から一気にかかってきてるようです。

今回は買取専門店での具体的な金額を知りたいという事と、どこの店が高く買い取ってくれるのかを調べる事が目的です。


今日は一日で多数の買取専門店を周る予定。

最初は一番近くのユーポスへ行きました。

店長さんが面白い人で世間話で盛り上がりました。

店長さん「8月の売却でもう少し先になるのでざっくりとしか言えませんが100万円くらいになると思います。」
とのこと。


他にもBIGMOTOR、カーチス、アップル買取、ガリバーに行ってきました。

やっぱり8月のオークション相場は分からないらしく返事はざっくり100万円前後ってところがほとんど。

中でもアップルは現時点評価額が85万円だったり。よそと桁が違いますよーって事で帰りました。

他にもスーパーオートバックスで見積もりしてもらいましたが、下取り84万円。しかもハスラーの値引きは3万円+ディーラーオプション4万円という予想を超える渋さ。
スズキの担当者に確認してたので、仕入は近くのスズキ自販だろう。以前行ったことがある。あまり良いイメージがないので行くなら違う店舗にしよう。

ガリバーでは現在の相場を教えてくれました。110万円。今までで最高額です。

買取専門店でも25万円の金額差が出るんですね。びっくりしました。



翌日、嫁さんの提案でスズキの新古車専門店に行ってみることになりました。

ハスラーはたくさんありましたがFFターボがなかった。店長さんに「欲しい車体がないですねぇ」と話してると裏情報を教えてくれました。

店長さん曰く8月はお盆があるのでオークションが少ない。
中古車の動きが鈍くなるので買い取り相場が下がる。
10月超えると年末に近くなってすぐ来年になっちゃうから、年式が1年落るのを嫌って相場が下がりぎみになる。らしい。


これを聞いて嫁さんと相談した結果、、早めに乗り換えようという事になりました。

帰りにジャック買取専門店があったので寄ってみました。店長さん親切丁寧な対応。

まず査定でしばらく待ち商談開始。

私「いくらになりますか?」と質問。

店長さん「いくらなら売っていただけますか?」と逆質問(笑)

こちらの言い値で本社に話を持ちかけOKかNGかを聞かないと話が進まないシステムらしい。

私「買取専門店は数社行ってきたので相場は分かってます。110万円以上なら即決しますよー」

店長さん「では本社に確認してきます」

しばらく待っての返答がありました。

店長さん「お待たせしました。110万円ってもしかしてあそこですか?(近くのガリバーを指差しながら)」

私「そうです。良く分かりますね。」

店長さん「ウチでは難しい金額です。貴重なMTの低走行距離車なので抑えておいた方が良いと伝えたんですけど無理でした。110万の金額が出てるなら今すぐにでも売った方が良いですよ!まずそれ以上は出ない金額です。翌日でも相場ががらっと変わることがありますから。」

お礼を言って退散しました。

嫁さんと相談し、もう売ってしまおう。という結論に至りました。

嫁さんは疲れたようで、一度自宅へ嫁さんを送り届け、私一人でガリバーへ向かいました。



続きます。








↓押すと最新情報があるかも
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2016/07/26 20:13 ] 車全般 | TB(-) | CM(2)

インドネシアで新型のスポーツモデル「CBR250RR」を発表

先日の記事で書いたCBR250RRですが、発表がありました。

日本での発売も近いことでしょう。

気になるデザインですが。。。
cbr250rr_006.jpg

cbr250rr_005_20160726003217ca6.jpg

cbr250rr_007.jpg


公式写真はこちら
CBR250RR_003_20160725231150ad2.jpg

CBR250RR_004_20160725231148dfd.jpg

公式写真は何でこんなかっこわるく写るアングルから撮ってるんでしょう(笑)

実車を見てみないと分かりませんが良くまとまってると思います。

メインライトがもう少し小さく、もう少し下に付いてれば理想的だったんですけど(個人的感想)


公式動画はこちら


ついでに開発者コメント動画





詳細は下記を参照して下さい。
-------------------------------------------------------------------
Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(本社:ジャカルタ 社長:井沼 俊之)は、2016年7月25日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターは、新型の250ccスポーツモデル「CBR250RR」を発表しました。
 このCBR250RRは、販売の主要国であるインドネシアで生産。同国で生産するHondaの二輪車としては、最大排気量のモデルです。2016年末にインドネシアでの発売を計画しています。

【新型CBR250RRの主な特長】
■新開発の直列2気筒エンジン
クラスナンバーワンの出力性能を目指した、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載しました。市街地での扱いやすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる、高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現しています。なお、スロットル・バイ・ワイヤシステム、選択可能な3つのエンジンモード設定によって、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、上質で安定感のある加速フィールを獲得しています。
■力強さと速さを直感させる独自のスタイリング
ヘッドライトにはCBRシリーズのアイデンティティを継承するデユアルLEDを採用。力強く速い、エキサイティングな走りのイメージを表現しました。低く構えたロングノーズから、高く跳ね上げたテールまでに渡って先鋭的なウェッジシェイプとし、一目で魅せる独自のスタイリングを実現しました。
■新開発の車体・足回り
フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立させました。スイングアームには、アルミ製ガルアームタイプを採用し、右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。サスペンションは、フロントに剛性が優れた倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用。またブレーキは前後にABSをタイプ設定。ブレーキディスクはフロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、卓越した走りを支える構成としています。
 CBR250RRは、昨年に行われた第44回東京モーターショー2015に、コンセプトモデル「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」として出展。多くの二輪ファンに注目されました。
 今後、日本国内での発売も計画しています。

ソースはこちら





↓押すと最新情報があるかも
ブログランキング・にほんブログ村へ


------------------------------------------------------------------------------
[ 2016/07/25 23:14 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

車買い換え その1 (初代コペンはいくらで売れる?編)

今回は車ネタです。


私は初代コペンに乗っています。年式は平成23年製(2011年)

コペン2016_1
グレードはアクティブトップ。

コペンは大好きな車です。ミニカーを探してましたがプレミアが付いて買う気が失せる価格になっていたため、数十年ぶりにプラモデルを作りました(今年初旬の話)
コペン2016_2


週末しか乗らなかったし。バイクばかり乗ってたし。1年程実家に預けてたし。

ですので5年間で28,100kmしか走ってません。


最近車でキャンプとか行くこともあったりして、もっと荷物が積めたらなぁと感じることが多くなってました。

ちなみにコペン1台よりバイク2台の方が荷物の積載量が多いです(笑)

以前は大きな車も乗ってましたが、仕事で軽自動車を運転することが多く、軽自動車ってなんて気軽で便利なんだろう関心したことがきっかけで軽自動車派になりました。

狭い道もスイスイ。スーパーの駐車場も前から突っ込んでバックで出るのが簡単。

なにより税金が安い。車両保険が安い。高速料金が安い。

パワー不足はターボで補える。ターボが付くとコンパクトカー並の加速になりますし。



コペンの下取り価格を知りたかった事もあり、今年の3月(決算期)にスズキ自販にハスラーを見に行ってきました。

買い換えるなら8月くらいと伝え、ハスラーの値引き情報を聞いてみたところ、「購入月の商談じゃないとちょっと。。」と渋いお返事。

まあいいや。じゃあコペンの下取り見積もりして下さいとお願いし。結果発表。

下取り価格は101万円。8月は相場が下がりますよと言われました。

なかなかいい数字が出ました。

さすが趣味車。新車価格1,715,000円(MT)の車が5年落ちで100万円以上で売れるとは!

新型コペンのデザインがいまいちなので相場は高めを維持してるっぽい。

新型コペンローブのデザインはさておき、後出ししてきた丸ライトのセロもなんだかアンバランスな感じが否めない。

初代コペンのクラシック感 + 笑っているようなデザインが最高なのにダイハツさん分かってないですね。

まあ、今の安全基準に則って作ると昔みたいなデザインの車は無理なのかな。



時は経ち6月初旬になりました。

ダイハツのキャストも発売され、気になっていたのでダイハツ(サブディーラー)へ見に行きました。

本交渉はしてませんが、ダイハツ車は値引きが厳しく3万円くらいしか値引きが出来ないらしい。

後は下取り額上乗せとディーラーオプションサービスで何とかするしかないとのこと。

本交渉だともう少し頑張ってもらえそうなんだけど、キャストの実車を見るとやっぱりハスラーの方が良さそう。

しかもキャストのツートンルーフは塗装ではなくラッピングらしくて耐久性に不安がある。。
(営業さんにも耐久性について確認しましたが、何年持つかは不明とのこと。メーカー保証は3年6万km)

ちなみにコペンの下取りは100万円前後らしい。オークションの相場で決まるみたい。

展示車でタントカスタムが置いたあったので見てました。

良くできてますね!センターピラーレスの開放感凄い。

でも車重1tとか重すぎ。。N-BOXもしかり。


スズキ自販に置いてあったアルトワークス!軽くて速くて安くて楽しい軽自動車。

これも運転席に乗って見ました(試乗はしてません)

ミッションの操作感最高。レカロシートも良さそう。車重が600kg台。すばらしい。

でもデザインが好きじゃない。内装が安っぽい(車重600kg台だし、実際安いから仕方ないか)

そんでもって大阪では走って楽しくて交通量の少ない峠道がない。

以前は田舎に住んでたので峠を飛ばしたりして楽しんでましたが、コペンも大阪に引っ越してから街乗りばかりで楽しくない。

たまに車で旅行に行って峠でキュッキュッっとコーナリングすると嫁さんがキャーキャーうるさいですし。


結局コーナリングの楽しさは捨てて、キャンプ重視で車中泊も出来るハスラーがいいかなって事で落ち着きました。





続きは後日。







↓押すと最新情報があるかも
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2016/07/24 21:10 ] 車全般 | TB(-) | CM(0)

新型CBR250RR 来週にも発表か!?

皆さんご無沙汰してます。無事にバイクライフを送ってます。なにせバイク通勤ですから(笑)

車も大好きなコペンを手放して別の車に買い換えました。この記事は後日書きます。







さてさて来週の月曜(2016/07/25)に新型CBR250RRが発表されるという情報が入りました。

あくまで噂ですけどね・・。

2気筒は確定でしょう。他のメーカーにかなり後れを取っての発表。

時間をかけて開発したので速いに違いない!

Rが2個付いてますし。


問題デザインですね。

ライト周りをどう処理するかだと思います。


コンセプトモデルではこんな感じになってました。
cbr250rr_001_20160721184410779.jpg


ちなみにヤマハのYZF-R25のコンセプトモデルはこれでした。
yzf-r25concept.jpg

そして発売されたのがこれ。
yzf-r25_001.jpg

少し残念な気がしないでもありません。


さてCBR250RRはどうなるでしょう。
予想写真ではこうなっています。
cbr250rr_002.jpg

cbr250rr_003.jpg

cbr250rr_004.jpg

cbr250rr_005.jpg

リアシートや保安部品も付いて現実的なフォルムになってきてます。

YZF-R25よりはライトが細くてかっこいい感じですが、

YZF-R1のようにフォグランプ的な位置にヘッドライトを持ってくるのが

一番デザインがいいように思います。(あくまで予想写真を見て個人的な感想です)


インドネシアではこんな動画もUPされています。





どうなるでしょう新型CBR250RR

後出しじゃんけんに勝てるのかホンダ!




↓押すと最新情報があるかも
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2016/07/21 18:53 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

にしやん(にっしー)

Author:にしやん(にっしー)
MT-07のカスタムやツーリング、キャンプや2輪ニュースなど情報発信をしていきます。
無理に毎日更新せず、内容の濃いブログを目指します。
たまに吠えたりもしています(笑)

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ
全記事表示リンク