にしやんのチャレンジ日記

バイク(MT-07)と車(コペン)とキャンプや家電など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドネシアで新型のスポーツモデル「CBR250RR」を発表

先日の記事で書いたCBR250RRですが、発表がありました。

日本での発売も近いことでしょう。

気になるデザインですが。。。
cbr250rr_006.jpg

cbr250rr_005_20160726003217ca6.jpg

cbr250rr_007.jpg


公式写真はこちら
CBR250RR_003_20160725231150ad2.jpg

CBR250RR_004_20160725231148dfd.jpg

公式写真は何でこんなかっこわるく写るアングルから撮ってるんでしょう(笑)

実車を見てみないと分かりませんが良くまとまってると思います。

メインライトがもう少し小さく、もう少し下に付いてれば理想的だったんですけど(個人的感想)


公式動画はこちら


ついでに開発者コメント動画





詳細は下記を参照して下さい。
-------------------------------------------------------------------
Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(本社:ジャカルタ 社長:井沼 俊之)は、2016年7月25日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターは、新型の250ccスポーツモデル「CBR250RR」を発表しました。
 このCBR250RRは、販売の主要国であるインドネシアで生産。同国で生産するHondaの二輪車としては、最大排気量のモデルです。2016年末にインドネシアでの発売を計画しています。

【新型CBR250RRの主な特長】
■新開発の直列2気筒エンジン
クラスナンバーワンの出力性能を目指した、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載しました。市街地での扱いやすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる、高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現しています。なお、スロットル・バイ・ワイヤシステム、選択可能な3つのエンジンモード設定によって、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、上質で安定感のある加速フィールを獲得しています。
■力強さと速さを直感させる独自のスタイリング
ヘッドライトにはCBRシリーズのアイデンティティを継承するデユアルLEDを採用。力強く速い、エキサイティングな走りのイメージを表現しました。低く構えたロングノーズから、高く跳ね上げたテールまでに渡って先鋭的なウェッジシェイプとし、一目で魅せる独自のスタイリングを実現しました。
■新開発の車体・足回り
フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立させました。スイングアームには、アルミ製ガルアームタイプを採用し、右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。サスペンションは、フロントに剛性が優れた倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用。またブレーキは前後にABSをタイプ設定。ブレーキディスクはフロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、卓越した走りを支える構成としています。
 CBR250RRは、昨年に行われた第44回東京モーターショー2015に、コンセプトモデル「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」として出展。多くの二輪ファンに注目されました。
 今後、日本国内での発売も計画しています。

ソースはこちら





↓押すと最新情報があるかも
ブログランキング・にほんブログ村へ


------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
[ 2016/07/25 23:14 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

新型CBR250RR 来週にも発表か!?

皆さんご無沙汰してます。無事にバイクライフを送ってます。なにせバイク通勤ですから(笑)

車も大好きなコペンを手放して別の車に買い換えました。この記事は後日書きます。







さてさて来週の月曜(2016/07/25)に新型CBR250RRが発表されるという情報が入りました。

あくまで噂ですけどね・・。

2気筒は確定でしょう。他のメーカーにかなり後れを取っての発表。

時間をかけて開発したので速いに違いない!

Rが2個付いてますし。


問題デザインですね。

ライト周りをどう処理するかだと思います。


コンセプトモデルではこんな感じになってました。
cbr250rr_001_20160721184410779.jpg


ちなみにヤマハのYZF-R25のコンセプトモデルはこれでした。
yzf-r25concept.jpg

そして発売されたのがこれ。
yzf-r25_001.jpg

少し残念な気がしないでもありません。


さてCBR250RRはどうなるでしょう。
予想写真ではこうなっています。
cbr250rr_002.jpg

cbr250rr_003.jpg

cbr250rr_004.jpg

cbr250rr_005.jpg

リアシートや保安部品も付いて現実的なフォルムになってきてます。

YZF-R25よりはライトが細くてかっこいい感じですが、

YZF-R1のようにフォグランプ的な位置にヘッドライトを持ってくるのが

一番デザインがいいように思います。(あくまで予想写真を見て個人的な感想です)


インドネシアではこんな動画もUPされています。





どうなるでしょう新型CBR250RR

後出しじゃんけんに勝てるのかホンダ!




↓押すと最新情報があるかも
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2016/07/21 18:53 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

YAMAHA MTシリーズ最高峰モデル「MT-10」発表 (細部写真など)

MT-10が発表されました。




いつも面倒なクリックありがとうございます。
応援のクリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



いくつか細部の写真載せておきますね。

mt10_001.jpg
トランスフォーマーかな?

mt10_002.jpg
黒い車体にイエローホイール似合いますね。

mt10_003.jpg
イエローはロッシカラーかな?

mt10_004.jpg
私が買うならブラック+イエローで決定です(買えませんけどね)

mt10_005.jpg
スイッチがわんさか。覚えられなさそう(笑)

mt10_007.jpg
結構コンパクトに見えます。ホイールベースがMT-07と同じらしい。

mt10_006.jpg



"MT"ファミリーのトップエンドとしてラインナップされるこのMT-10は、"Yamaha YZF-R1"を由来としながら、給排気系を含む様々な改良で最適化された"Crossplane"クランク採用の強力な排気量999ccの4気筒エンジン"CP4"を搭載(スペックは今の時点では未発表)するのが特徴。また、3レベルトラクションコントロールシステムや走行モード切り替え機構"D-Mode"、スリッパークラッチなど、YZF-R1に用いられる装備の一部も取り入れられている。


その他、1,400mmの比較的短いホイールベースに設定された軽量アルミデルタボックスフレーム、4,5,6速ギアのみで使用できるクルーズコントロール、5本スポークの軽量鋳造アルミホイール、17リットルのフューエルタンク、320Φのデュアルフロントディスクと4ピストンのラジアルマウントキャリパーからなるABS付きブレーキシステム、専用設計のBridgestone製"Battlax Hypersport"タイヤ、新設計のLCDインスツルメントディスプレイ、ヒーテッドグリップなどを装着するための12V DCソケット、モノフォーカスデュアルLEDヘッドライトとLEDのウインカー、ライセンスプレートライトなどが主要な装備となっている。


mt10_008.jpg

mt10_009.jpg

mt10_010.jpg





ヤマハ公式


ヤマハ発動機株式会社は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた998cm3水冷・直列4気筒エンジンを搭載する新製品「MT-10(エムティー・テン)」を、2016年5月末に欧州で発売予定です。また本モデルは、11月19日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」にて展示します。

 「MT-10」は、MTシリーズの最高峰モデルとして企画・開発しました。”意のままに操れるストリート最強スポーツ性能”と”多用途で楽しめる機能”を集約させたモデルです。
 主な特徴は、1)低中速のトルク特性を重視したセッティングを施し、クロスプレーン型クランクシャフトの特徴であるリニアなトルク感とコントロール性を備えたエンジン、2)「MT-07」と同じ1,400mmのショートホイールベースとするなど、軽快なハンドリングをもたらすシャーシ、3)積極的なスポーツライディングからツーリングまで幅広いシーンに適したライディングポジション、4)クルーズコントロールシステムなど多用途で楽しめることに配慮した各装備、5) “The King of MT”のデザインコンセプトによるフラッグシップモデルとしての存在感や引き締まったボディなどが特徴のスタイリング、などです。 

 当社は「Torquey×Agile」をコンセプトとする”MTワールド”を、モーターサイクルの新しい世界観として提唱してきました。「MT-09」をはじめ「MT-09 TRACER」「MT-07」「MT-03」「MT-25」など、ユーザーニーズにきめ細かく呼応した製品を展開し、高い支持を得ています。
[ 2015/11/17 19:16 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

バイク リセール・プライス ランキング発表

転記です。

今年はモンキーが1位でした。モンキーは鬼カスタムして盆栽にしておくのに向いてると思います。

セロー人気凄いです。街中で見かけるバイクNo.1。





 バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』(所在地: 東京都港区、所長: 澤篤史)は、2015年6月~8月の期間を対象に、『再び売却した際、高値の付くバイク』=『“リセール・プライス”の高いバイク』上位10車種を発表します。
 『“リセール・プライス”の高いバイク』は、需要の高いバイク、つまり『人気のあるバイク』と言い換えることもできます。14回目となる今回は「ホンダ・モンキー」が首位獲得となりました!



いつも面倒なクリックありがとうございます。
応援のクリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




◇今回対象期間2015年6月~8月、前回対象期間2015年3月~5月


 14回目となる『リセール・プライス』ランキングは、『ホンダ・モンキー』が2位に0.8pt差を付け首位に輝きました。

 かわいらしいルックスやカスタムパーツの豊富さなど、大型バイクとは一味違う魅力が詰まったバイク。街乗りからレジャーまで、マルチに活躍してくれるバイクです。当ランキングの常連でありながら、なかなか首位に立てなかったモンキーですが、今回堂々のトップとなりました。

 その他、2位・5位・7位にはヤマハ・MTシリーズがランクイン。扱いやすい車体やスムーズかつトルクフルなエンジンフィーリングなど、魅力たっぷりで、今後も注目のモデルです。また、乗りやすいと定評のあるホンダ・CBシリーズよりCB1300 SUPERFOURが初ランクインし、8位に入っています。

 前回調査時(3~5月期)と比べ、大型車の人気がやや落ち着きをみせ、リセール・プライスのポイントが平均12.3Ptほど下がっています。その一方で、ホンダ・モンキーといったカスタムも楽しめる車種や、セカンドバイクにも適した小型二輪以下のバイクの順位が上昇しています。この結果について、バイク王 バイクライフ研究所では、バイクを自分好みのカスタマイズを楽しんだり、長くバイクに乗り続けているライダー層からの需要が高まったためと分析しています。

 今後のランキングも大きな変動を見せるのでしょうか?
引き続き、『リセール・プライス』ランキングにご注目ください。

■ 排気量別ランキング上位5位

総合
resale15_総合

大型
resale15_大型

400cc
resale15_400.jpg

250cc
resale15_250.jpg

原付1種・2種
resale15_原付小型





■『リセール・プライス』とは
 バイクを再び売却(=リセール)するときのプライス(=価格)を指します。
2015年11月現在、新車で購入が可能なバイクを対象とし、オークションで売却した際の落札金額の平均値と新車販売価格を基に『リセール・プライス』をポイント化。ポイント数が高いほど、『リセール・プライス』が高いと想定できます。
 本指標は、年間12.4万台の取り扱い台数を誇るバイク買取専門店『バイク王』のデータを基に、バイク王 バイクライフ研究所が独自に集計したものであり、バイクユーザーが新車あるいは中古バイクを購入する際の参考情報として活用されることを目的としています。

■ 算定基準
・国内主要4メーカーが、国内で販売しているバイク(2015年11月現在・逆輸入車を除く)
・新車販売価格は2015年11月現在の価格を基準。カラー等により価格が複数ある場合は、最安値を
基準に算定


ソースはこちら
[ 2015/11/16 19:15 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

ホンダ 250cc 2気筒バイク、日本発売は2017年中旬の噂

CBR250RR_001.jpg

転記です。

記事が本当ならホンダ250cc2気筒の日本発売はまだまだ先になりそう。

これが新型CBR250RRになる可能性が高いと思われます。




いつも面倒なクリックありがとうございます。
応援のクリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ





ホンダはロードスポーツバイクのエントリー層獲得に重要な排気量250ccクラスに、新たに直列2気筒エンジンを投入する。
まずインドネシアで同エンジン搭載の新型車を生産し、2016年半ばに発売する。
日本販売車への設定は約1年後となる。
軽量で扱いやすい単気筒モデルに加え、2気筒エンジンをそろえて本格的な走行性能や外観を好む層への販売拡大を狙う。
「第44回東京モーターショー」で、同エンジンを搭載し、次世代の軽ロードスポーツの方向性を示したコンセプト車を展示している。
 250ccクラスは若者など新たなスポーツバイクのライダー獲得に重要なカテゴリー。
日本では車検がなく、維持費が安い。東南アジアでは現在125cc以下の販売が主流だが、所得増加に伴い250ccが増加し、
今後も続く見通し。

 このためヤマハ発動機や川崎重工業、スズキなど2輪各社は250ccクラスの商品力を強化しており、
直列(並列)2気筒エンジンも用意している。一方、ホンダはV2エンジン搭載の「VTR」を除き単気筒を展開するが、
国内では2気筒の人気に押され気味だった。今後は選択肢を増やし、販売を活性化する狙いがある。




そーすはこちら
[ 2015/11/10 12:19 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

ヤマハ DT-07発表

AIMExpoでヤマハからダートトラッカーコンセプトモデル「DT-07」が発表されました。
DT07_001.jpg

エンジンはM403E(FZ-07・MT-07)ベースですが、90馬力出てます。車体は全くの別物。

Jeff Palhegyi DesignとヤマハUSが協力して製作したものです。

DT07_003.jpg

DT07_002.jpg

DT07_004.jpg

DT07_005.jpg

DT07_006.jpg


本格的ダートトラッカーに仕上がってます。


ヤマハ60周年記念カラーかっこいい!

この車体に保安部品を取り付けて販売して欲しい!

MT-07より軽く薄くなれば街乗り最速になることでしょう。







こちらからヤマハブログランキング一覧に飛びます(別窓)
他の楽しい記事がたくさんあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2015/10/21 12:13 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

MT-07 TRACER 東京モーターショーで展示

2015 東京モーターショーでMT-07 TRACERが展示されるみたいです。


MTシリーズ、どんどん派生モデルが出そうですね。

ソースは「月刊 オートバイ11月号」
201510041801544ad.jpeg


展示バイクは以下のとおり


HONDA
・NEO WING
・CONCEPT CB
・GROM SCRAMBLER CONCEPT ONE
・EV-CUB
・SUPER-CUB

SUZUKIブース
・CONCEPT GSX
・HUSTLER SCOOT

YAMAHAブース
・MT-07 TRACER

KAWASAKIブース
・NINJA E2

DUCATIブース
・MONSTER 1200 R

TRIUMPHブース
・BONNEVILLE T120
・BONNEVILLE STREET TWIN
・STREET TRACKER
・THRUXTON
・SPEED TRIPLE
・TIGER EXPLORER



バイク販売台数で前年度比でヤマハ発動機だけが前年を上回ったとのこと。

ヤマハは47.5%増
ホンダは42.7%減
カワサキは30.2%減
スズキが34.7%減
輸入車が11.4%減

ヤマハ頑張ってます!




こちらからヤマハブログランキング一覧に飛びます(別窓)
他の楽しい記事がたくさんあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2015/10/04 18:24 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

ワークマン 防寒タイプのツーリング用ウェアを発売 防水機能強化

私のバイク用靴はワークマンの安全スニーカーです。履き心地は普通のスニーカーと変わりません。

つま先側が堅くなっているのでバイクのシフトチェンジにはちょうどいい!

昔と違って普通のスニーカーに見えます。しかも2000円程度。

オタク御用達のD○NL○Pスニーカーなどよりずっとイメージが良い。

防寒服などもバイク専門店の物は高すぎます。ワークマンなら本業の方ご用立ちなので安くて本当に暖かい。


バイク用カッパは膝を曲げて乗るので、普通のカッパだと足首がカバーされず雨が靴まで入ってきます。

バイクにはバイク用カッパを買いましょう。

そんな我らの見方ワークマンからバイク用の防寒ウェア(防水タイプ)が10月から発売されます。
ワークマン001

ワークマン002

値段もお手頃!

ツーリング用ウェアの新型イージス透湿防水防寒スーツ(上下組) 6800円
表生地にPUを採用し、軽量かつ優れた透湿と防水を実現。表生地の撥水を強化し、撥水耐久性を向上させた。また、前面ファスナーの外側・内側と二重にフラップを設けるとともに、前立てもフルフラップ化し、雨・雪・風の浸入をシャットアウト。ワンタッチで調整できるウエストアジャスト機能を搭載する。

透湿レインスーツストレッチ(上下組) 4900円
生地にストレッチ素材を使用しながら、強固な防水性も確保

防水防寒スーツストレッチ(上下組) 5800円)


ソースはこちら












こちらからヤマハブログランキング一覧に飛びます(別窓)
他の楽しい記事がたくさんあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2015/09/30 09:30 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

ヤマハ スーパーバイク(WSBK)2016世界選手権に参戦決定

市販車をベースにしたレース、スーパーバイク世界選手権(WSBK)に

ヤマハが復帰します。

sbsk-1_R.jpg

今シーズンはカワサキがZA-10Rで圧勝していますが、来年からはヤマハがYZF-R1で参戦。

どういう展開になるか楽しみです。

ライダーはシルバン・ギュントーリ選手とアレックス・ローズ選手。


今はスーパーバイク見てないけれど、来年からは見てみようと思います。



ソースはこちら




こちらからヤマハブログランキング一覧に飛びます(別窓)
他の楽しい記事がたくさんあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2015/09/24 22:40 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)

スズキが欧州でリカージョンを商標登録 発売近いのか!?600ccターボ

9月2日、スズキが欧州でRecursionを商標登録したみたいです。

Recursion-01.jpg


以前コンセプトモデルとして展示されていたリカージョンは並列2気筒588cc・インタークーラーターボ。

100馬力・車両重量174kg 250cc並の大きさ&軽さです。

カワサキもH2Rで4気筒スーパーチャージャーを出してきましたから、過給器付きバイクが普通の時代になるのかもしれません。

私的にはデザインがアレですが、実車を見てみないと何とも言えませんねー。

なにはともあれ楽しみなニュースです。

ソースはhttp://www.visordown.com/motorcycle-news-new-bikes/suzuki-trademarks-recursion-name/28168.html







こちらからヤマハブログランキング一覧に飛びます(別窓)
他の楽しい記事がたくさんあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2015/09/18 01:23 ] バイク・自動車ニュース | TB(-) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

にしやん(にっしー)

Author:にしやん(にっしー)
MT-07のカスタムやツーリング、キャンプや2輪ニュースなど情報発信をしていきます。
無理に毎日更新せず、内容の濃いブログを目指します。
たまに吠えたりもしています(笑)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログへ
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。